十干の確認方法

自分の十干は、自分の命式で「日主」を見ます。

自分の命式は、下記ページで簡単に確認できます。

四柱推命~命式無料作成~五行割合・通変割合・格・用神 喜神 忌神・ 大運を表示します。

甲(きのえ)

 

甲を日主に持つ方は、常に向上心を持って生きているということが最大の特徴です。

 

大樹のように、上・横へ大きくなるという目標がありますので、向上心と発展性があります。

 

まっすぐと伸びることを基本としているので、頭を押さえられたり、妨害されることを嫌いますが、常に上へ目標を持っているため、うまく妨害をよけながら伸び続けるでしょう。

 

自己中心的なところもあるため、周囲からは特異な目で見られることもありますが、まっすぐな性格から、周囲を巻き込んで大きくなる可能性も秘めています。

 

自分を信じて大きくなろうとする意志が強く、周囲の意見を聞かないことから、孤立する可能性もあります。

 

周囲の意見に耳を傾けながら、自分の考えと異なる場合は、コミュニケーションを取り自己中心的にならないよう心がけましょう。

 

いくら大樹といっても、地中深く根をしっかりと這っていないとわずかな妨害でポキッと折れてしまいます

 

しっかりとした根を張るには、自身の基礎をしっかりとすることが重要です。

自身の基礎とは、礼儀・マナー、知識、身体です。

これさえしっかりと身につけておけば、甲の方は常に上に伸び続けることができます。

 


乙(きのと)

 乙を日主に持つ方は、協調性があり、誰とでもやっていける社交性のある方です。

 

自分が先頭に立って、推し進めるタイプではなく、何事も周囲を巻き込んで、皆一緒に取り組んでいく方です。

 

草花のように横へ広がっていき、大きくなると一つの大地のような壮大なスケールとなる可能性も秘めています。

 

努力家で地道なことでもコツこつと成し遂げる性格であるため、時間はかかることもありますが、努力することで、しっかりとした根が張り、上から踏みつぶされてもすぐに新しい葉を広げ、大きくなっていきます

 

協調性のある方ですので、人をなごませたり、楽しくさせたりする才能に長けています。

近くに優秀で成功している方がいれば、一緒に成長することが出来るでしょう。

 

ただし環境に影響されやすいため、外部からの妨害や意見など環境の変化があった場合は、冷静になって考えることが大切です。

 

1人で考え込まず、協調性を生かして周囲を巻き込んで行動すると良い結果に繫がります。

 


丙(ひのえ)

丙を日主に持つ方は、笑顔が素敵で、周囲を笑顔に楽しくさせることができる性格です。

 

晴れて太陽が出ていれば、人は開放的になり、気分が晴れて高揚するように、丙の方は、非常に大きな存在なのです。

 

自己顕示欲が強いため、自分を表現することで満足するタイプです。

 

しかし、欲が強すぎるとマイナス面が出て、知らずに周囲【相手】を傷付けてしまうことがあります。

 

また、環境に影響されやすいため、喜怒哀楽が激しく、周囲から敬遠されることもあるでしょう。

一歩間違えると大きな爆発が起こってしまうほどエネルギーを持っています。

 

太陽のようにエネルギーで満ち溢れていますので、そのエネルギーを上手に使い、人のため社会のために尽くすことであなたにとって大きな幸せとなります。

 

常に照らし続けると皆体力を奪われ、人的被害や環境破壊になり兼ねませんが、自分では制御できないため、周囲に頼らなくてなりません。

 

冷静に判断ができる人を友達やパートナーにすることで、貴方の暴走を止めてくれる存在になってくれます。

 

良き友達・パートナーが見つかれば、あなたの才能を思う存分発揮することができます。

 


丁(ひのと)

 丁を日主に持つ方は、月や焚火のように、周囲に安らぎをあたえ、真っ暗闇の中、明かりを灯すように、常に困っている人のために何をすべきか考えているのが、丁の人の特徴です。

 

自分の本心は出しませんが、人にあわせることや、裏方でサポートすることが向いています。

 

また、非常に聞き上手で、信頼が厚いため、人から相談事や頼まれごとが多いもの丁の特徴です。

 

自分から先頭にたって行動することはありませんが、先頭に立っている人のサポート役は買って出る性格で、自分のアイデアや知恵を、中心人物に提供することに抵抗を感じず、逆に人のために立てることに満足する方です。

 

決して目立つ方ではありませんが、優秀な方のサポートをしているうちに、経験と知識が身に付き、遅いデビューのように、晩年先頭に立って起業したり、ボランティア活動を行ったりすることで幸せな日々を送ることができます。

 


戊(つちのえ)

 戊を日主に持つ人は、山のように悠然と構えて、存在感があり、自分から積極的に行動することはないですが、自然と人が集まるようなオーラを持っています。

 

表面的には落ち着いていて環境の変化にも動揺しないように見えますが、内面は非常にデリケートで、不安が募って倒れそうになるくらいの時もあります

 

落ち着いているためか、周囲から頼りにされることで、自然と行動に移すことも多くあります。

 

頼りにされることは、必然的に仕事の量も増えてきますので、要領よくこなし、手を抜けるところは軽く流すようにしないと、ストレスを溜め込んでしまい、崩れてしまう可能性があります。

 

存在感がありますので、いなくてはならない存在で、いないとぽっかりと穴が空いてしまうようなオーラを持っています。

 

山のように一見崩れないように見えますが、一瞬で崩れるようなもろい面もありますので、ストレスの溜め過ぎや、不健康な生活をしていると取り返しのつかない状態となります。

 

戊の性格は、崩れてしまうと立ち直るのが遅いか、完全に立ち直れなくなる可能性があります。ストレス解消になる趣味などを常に行うよう心がけてください

 

また、ちょっと頑固なところもありますので、柔軟な対応ができるように日ごろから周囲の意見に耳を傾けるようにしてください。

 


己(つちのと)

己が日主にある方は、大地のように森林、草花などの土台となり木や草花を育てるように、人を育てること、教えることが好きな性格です。

 

人々の成長を見守るという点では、教育者や指導者のように自分の知識を人のために役に立ててもらう、自分の技術や知識を教えて相手を成長させることに生きがいを感じるでしょう。

 

まっさらな大地では、灼熱の太陽に土はカラカラになり、大雨や洪水では土は流されてしまうように、非常に環境に左右されやすい性格でもあります。

 

大地をしっかりとするためには、あなたの知識(栄養)で木々を育てしっかりとした根を張り地面を守り、天高く伸びる枝と葉で灼熱の太陽から守ることができるでしょう。

 

早い時期に知識を身に着け、人々に教え成長させることが、自分を守り幸せをつかむことができます。

 

人に教えるためには、自分が成長しなくてはダメという考えですから、常に学習し知識を高め、人にうまく伝え認識してもらうために考えることに情熱を注ぎます。

 

世話好きですが、行き過ぎてしまうと、単なるおせっかいな人になってしまうため、一歩下がって成長を見守ることも大事です。

 

人のために動くせいか、自分のための行動が後手になってしまうこともしばしばあるでしょう。人のために行動することは素晴らしいことですが、時には少し休んで、自分のための時間を取ることも重要です。

 


庚(かのえ)

庚が日主にある方は、原石を磨くことで誰にも負けない優れた人格者になる性格の持ち主です。

 

原石は非常に固いですが、磨きあげるために、目標に対してまっすぐに志を貫き通し、忍耐強く行動していける意志の強い方です。

 

自分を磨き上げることで頭がいっぱいとなり、周囲を見ずに没頭するため、周囲から見ると近寄りがたい人と見られがちです。

 

自分の意志が強いため、周囲から指図や指摘をされても意志をまげようとはしないでしょう。良い意味で意志の強い方、悪い意味で超頑固な人です。

 

最終的に目標に達すると、その道の専門家となり、他の人では真似が出来ない程熟練された技術を身に着けることができます。

 

素晴らしい原石でも、磨かないことにはただの石です。

自分で磨くこともできますが、優秀な指導者に指導を仰ぐことで、素晴らしい宝石のように、すばらしい人生となります。

 

目標を見つけて、目標に向かって意志を曲げずに自分を磨き上げることに専念することで幸せな人生となります。

 


辛(かのと)

辛が日主にある方は、宝石のように磨けば磨くほど光り輝くように、コツコツと努力を惜しまず粘り強く経験を積み、最終的には素晴らしい人間形成ができる性格の持ち主です。

 

宝石は環境によって輝きが異なるように、それぞれ異なった個性が光ります。

条件の悪い環境では、いくらダイヤモンドでもくすんでしまい、ほかの石と変わらなくなってしまいます。

 

自分では積極的に行動しないため、良い環境と良い指導者(原石を磨く人)に恵まれれば、素晴らしい人生を送ることがでますが、内面を磨くためにはかなりの困難が待ち受けています。

 

しかし、辛の方は、困難な状況下でも耐え抜くことができますので、辛抱して内面から磨き上げることで素晴らしい人生を送ることができます。

 

固く洗練されたダイヤモンドを磨き上げるためにはかなりの労力が必要です。

人も同じで試練や苦労が多く、修羅場を経験することが多いのも庚の方の特徴です。

 

しかし、他の人が脱落していく中で、庚の方は忍耐強く、技術や知識を身に着けることができるでしょう。

 


壬(みずのえ)

壬が日主にある方は、海、大河のように、普段は穏やかで優しく、器の大きい性格の持ち主です。

 

少々のことでは動じることなく、障害があったとしても器の大きさで吸収して、何事もなかったようなふるまいを見せます。

 

裏表なく人と接し、義理人情に厚く、絆を大切にするため、必然と海や大河の流れに身を任せるように人が集まってきます。

 

基本的には自由人であり、プライドが高く、人の話をあまり聞かないため、周囲からの影響をあまり受けません。

 

周りの協力を得て成功するタイプではなく、自分ひとりの力で勝ち続けたいという願望が強く、会社の経営者であればワンマンな社長となるでしょう。

 

しかし、ワンマンであっても、実力があり人望が備わっているため、多くの賛同者が集まってきますので、経営者としては成功するでしょう。

 

海や大河のように、ひとたび氾濫すると手を誰も止めることが出来ず、最悪な場合周囲の人たちも巻き込んで壊滅状態になってしまう可能性もあります。

 

壬の方は、感情的になってしまうケースが多々ありますが、そんな時は行動に起こす前に、じっくりと頭で考え一度冷静になってみましょう。

一度壊滅してしまったものは同じものには戻れないことを頭の隅に入れておくべきでしょう。

 


癸(みずのと)

癸が日主にある方は、大地を潤す雨のように、人を癒し元気づけることできます。

 

人を生かすことが生きがいで、先頭に立って行動することは少なく地味な人が多いですが、いなくてはならない存在です。

 

あまり目立たないですが、社会にとってもなくてはならない存在です。

普通の行動でも周囲から感謝されることがありますが、あまり派手なふるまいをすると逆に煙たがられる傾向があります。

 

周囲から頼られる存在ですから、頼まれごとや依頼が多くなりますが、丁寧な対応を心がけることで満足感が得られるでしょう。

 

情に流されやすい性格でもあるので、自分の意思をしっかり持って、落ち着いて行動することを心がけてください。

 

その場の思い付きで行動したり周囲に流されてしまっては、目標を失ってしまう可能性があります。

目標を失うと何をして良いかわからず、人生の楽しみが半減してしまうでしょう。

 

目標は、自分のためより人や社会に貢献できることを選んだほうが、幸せな人生を送ることができます。

以下のページも参考にしてください。

格局で貴方の性格がわかります