絶好調の後に急降下あり~絶好調の時は実力ではない~

絶好調

自分を過大評価していませんか。

何をやってもうまく事が運び、このまま自分の思い通り行くのではないかと考える時、最高潮の時期から急降下することを考えている人はいるでしょうか。

自分の実力だけでは、何事もうまく事が運ぶことはありません。環境や、周囲の援助、タイミング、運といったものが重なって絶好調となるのです。

絶好調の時は、自分の実力を過大に評価してしまい、思わぬ事態を招く可能性があります。

今まであれだけ慎重に進めていたことが、急に雑になり見落としや手抜きが目立つようになります。

 

家庭でも同じで、今まで節約、倹約を続けていた人が、収入が増えるにつれてお金の使い方が雑になり、浪費癖がつくまでになってしまい、挙句は借金地獄に陥ってしまうケースも少なくありません。

 


急効果の要因はいくらでもある。

絶好調の時間は長く続かないと考えるべきです。

スランプ、ライバル、自信過剰、不幸、犯罪、騙しなど急降下する要因はいくらでもあります。

 

絶好調の時ほど、未来を読むことに加えて成長過程の自分の気持ちを思い出して、自分を過信するのではなく、自分はまだまだ未熟で常に成長しようとする気持ちを忘れないことです。この気持ちを忘れたとき、急降下の未来が見えてきます。

 

絶好調の後には急降下する可能性があることを忘れないために、常に頭の隅に置いておくことです。

 

調子に乗って自分の能力を超えてまで手を伸ばそうとすれば手痛いしっぺ返しを食らいます。

良かれと思ってした行動が裏目に出たり、予想外の事態の悪化に動揺するなど。

足るを知ることと同時に、代替案を早めに用意する必要があります。

 

恩返しを忘れずに

また、今まで協力してくれた方、助けてくれた方、両親、兄弟などに恩返しすることも忘れてはいけません。一人でここまで成長はできなかったことはご自身がわかっているはずです。

すべて自分の力だと思っている方は、急降下する可能性大です。

 

恩返しで多くの方と会い、多くの話を聞くことでさらなる成長するためのヒントも得ることでしょう。

 

自分を認めてもらうことで頭を一杯にするより、どんなことで貢献できるのか、何をすれば喜んでもらえるのかを考えると良いでしょう。

間違っても自分の話や自慢話などしないこと!感謝の気持ちを忘れずに。

 

絶好調は成長途中

資源は無限にあるのではなく、いずれなくなる時があるということを肝に銘じておくことです。

常にトップで居続けている、人・会社・国など、並外れた努力を続けていることでしょう。

トップに立つことは難しくても、成長し続けることは誰でもできます。

 

絶好調の時ほど、成長途中と考えて今まで通り未来を見ていきましょう。