人材発掘・人選に性格判断を利用しよう

企業人事担当の方は、毎年新入社員選考、配属先、現在の従業員の組織変更に伴う配属先など、頭を抱えることが多いと思います。

 

当サイトで性格判断を見て頂くとわかると思いますが、個々の素性はそれぞれ異なり、誰一人として同じ素性を持っている方はいません。

 

企業にとって必要な人材の選考基準や、どのような人材を獲得したいか、企業によって様々、

出身学校で決めている企業もあれば、学力テスト、面接、SPI試験、外部の性格テストなど、様々な情報をもとに選考されていると思いますが、その中に、四柱推命のデータを加味することでさらに正確な選考ができると思っています。

 

例えば企業が必要とする人材のモデルケースを生年月日(できれば出生時間)から、当サイトの性格判断で数値(グラフ)を出します。

四柱推命無料性格診断~自分の性格(素性)を知ることで得意・不得意が良くわかります。

性格判断の数値は、複雑な計算を行い算出していますので、性格判断の5つの数値で十分です。

そのままの数値を利用していただくことができます。

 

その数値と応募された方の数値が近い方を選考対象とすることもできます。

 

あるいは、モデルケースはないとして、ある組織の人材が欲しいというケースでは、その組織の優秀な人材を性格判断で数値を出します。

同じように、応募された方の数値が近い方を選考対象とすることもできます。

 

 

最近ではAI(人工知能)を使って人材選考を行っている企業もあると聞きましたが、AIも多くの情報をインプットしなくてはなりません。

情報は外部の一般的な情報と、企業の情報を合わせてAIが判断します。

その企業の情報として、性格判断の数値も使用して、企業の求める人材を選考することで理想に近い人材選考が可能となります。

 



 

事業立ち上げに伴う人選

事業立ち上げには、優秀な人材を選ばなくてはなりません。

しかも個々のスキルも必要ですが、チームとして一体となり事業を立ち上げなくてはなりません。

 

リーダーとなる存在、サポートに徹する人材、技術的に優秀な人材、機転の利く人材、営業センスがある人材、とんでもないアイデアを提案する人材など、組織によって必要な人材は異なると思いますが、その時にも性格診断を使うと、チームとしてまとまりのある人材を集めてくることができます。

 

いくら優秀でも同じような人材を集めてもチームとしてはうまく機能しません。

企業の中にモデルケースとなるチームがあれば、そのチームの性格判断数値を出して見るのも面白いかもしれません。

 

AI(人工知能)を使ってみる

SONYがPrediction One   というAIを無料(2019/11/25現在)で提供していますが、プログラミングの知識がなくてもAIを使えると話題になっています。

 

このソフトの学習データとして、当サイトの性格判断のデータ(数値)を入れることでさらに精度の高い判断もできるのではないかと思います。

 

学校・生年月日、出身地、既婚、未婚などのほかに四柱推命(性格判断)数値を入れてAIに判断させるのも面白いですね!

 

是非、当サイトの性格判断を利用してみてください。無料です!

もう少し詳しく知りたい方は、下記の格局による性格診断もご覧ください。

格局で貴方の性格がわかります