結婚に最適な時期(結婚適齢期)がわかります。結婚はタイミングです、時期を逃すと・・・

2020年3月15日

結婚に最適な時期(結婚適齢期)がわかります。(¥300)

結婚はしたいけどいつ結婚できるだろう、相手はいるけどいつ結婚すればいいのだろう?

こんな悩みを、たった¥300円で結婚に最適な時期がわかります。ぜひご覧ください。

結婚に最適な時期があります。結婚する日ではなく、結婚を決断する時期です。

結婚を決断すれば、2人での結婚生活は始まっています。

結婚式は、周囲の人に知らせるための発表会で、お二人のこれからの門出を皆が祝福してくれる日と考えてください。大人の事情で結婚式を挙げられない人や挙げない人それぞれであります。

結婚を決断する時は、2人にとって必ず存在する時で、とても大切で重要な時期になります。

*たった¥300円です。ぜひご覧ください。



結婚適齢期クラス発表

生年月日を入力して、「クラス発表」をクリックすると、あなたのクラスが発表されます。あなたのクラスは、一生変わることはありません。

生年月日:

貴方のクラスが発表されたら、下記の各学年クラスのダウンロードページにて決済していただくと、すぐにダウンロードしてご覧いただけます。

すべてPDFとなっています。

決済はクレジットカード、コンビニ決済などの決済が可能です。詳しくは、ダウンロードサイトをご覧ください。

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生

~以下はサンプルです。~

 

点数の見方

点数の見方は下記に記載しています。結婚のタイミングを逃がさないように!

70~100

結婚を決断するには最適な時期です。

相手がいる方は積極的に行動するときです。躊躇せずに積極的に行動しましょう。

結婚に向けて障害があってもこの時期なら障害を乗り越えることができます。

今まで気づくことがなかった新たな一面も見えてくるでしょう。

自分の人生において大切なこの時期を見逃さないようにすることが大事です。


50~60

結婚に向けて準備万端の時期です。良い時期に結婚を決断しましょう。

二人で将来の人生設計を十分に話し合いましょう。話し合うことで今まで見えてこなかったものが見えてきます。

運が味方になってくれますので、実行したあとは後ろを振り返らず、常に前に進むことが重要です。

自分の素直な気持ちに集中して、素直な気持ちがわき上がり、自分らしい行動を取りやすくなります。

後から「もっと素直に生きておけばよかった」と後悔することがないよう行動すると良いでしょう。

何も行動を起こさなければ新たな人生はありません。


30~40

結婚するための種まきの時期です。結婚を決断する時期ではありません。

貴方の行動次第で、良い方向にも悪い方向にも向かってしまいます。種をまかなければ花は咲きません。

結婚に向けて少しずつ準備をしていくことです。気持ち、仕事、お金について自分なりに将来設計を考えてみましょう。

運気が乱れやすくなっているため判断ミスが多くなる時期でもあります。ちょっとした判断ミスが悪い方向に行ってしまうことがありますので、迷ったらすぐに周囲の方に相談をすることで大事には至らないでしょう。ゆっくりと落ち着いて行動すれば悪いことはないでしょう。

今まで悩んでいたことなどを落ち着いて考える時期でもあります。今まで悩んでいた人は、この時期に自分の中で答えを出すと良いでしょう。ただし行動は起こさないこと。

何事も計画的に行動すれば何も問題はありません。身の回りの整理整頓をしっかりとすることも大事です。


0~20

この時期は結婚の決断には不向きです。

結婚を決断したとしても、長続きしないでしょう。

この時期は貴方にとっては辛いと感じるでしょうが、今は我慢の時です。

今自分が何をすべきかを良く考えてから行動するようにして、自分でできること、やるべきこと、今後のことをゆっくりと考える時期です。

焦らずにゆっくりと今この時を楽しみましょう!!



結婚する前に2人で話し合っておくこと

 

プロポーズを受けましたか?プロポーズをしましたか?

 

結婚に向けてすべてが整っていますか?これからという方は是非読んでください。

結婚を決めたら、すでに2人の人生は始まっています。

 

人生の転機ですから、2人の生活設計をよーく話し合って決めておくことが大事です。

 

婚活アプリで知り合った、学生時代から長く付き合った、どちらでも事前に話し合うことは同じです。

お互い知っているつもりでも、知らないことが多いのです。

おそらく互いのことを知っていることとは、趣味、年齢、年収、家族など、すべて過去から現在のことですね。

 

結婚というスタートを切るためには、未来のことを大まかでも良いので決めておく必要があるのです。

二人で幸せな未来を築くための設計図みたいなもので、目標となるものです。

設計図通りに進むことはまずないでしょう。しかし、幸せになるための目標は変わらないはずです。

 

道を外れてしまったら元の道へ戻るために設計図を書き直して、何度も何度も書き直せば良いのです。

二人で話し合って書き直していくことで二人の関係はどんどん深まっていきます。

 

まずは、結婚する前に設計図を書くために話合うことをいくつかあげておきますので、是非読んでいただきお二人で話し合ってください。


仕事

現在お二人とも仕事をされていますか?

収入はどの程度ありますか?二人でどの程度の収入がありますか?

 

結婚しても仕事を続けますか?辞めますか?

 

結婚しても仕事を続けることは問題ないでしょう。

女性の場合、以前は寿退社という言葉があったほど結婚したら退職という流れになっていましたが、現在は違いますね。ほとんどの方が今の仕事を続けるのではないでしょうか。

 

しかし、子供ができたら話が違います。

男性も女性も育休が使える会社であればよいですが、使えない・使いづらい会社もあるでしょう。

 

色々なケースも考えて仕事を辞める辞めないなど、二人の収入を隠さず話して生活設計を立てましょう。

 

私の個人的な考えは、結婚しても子供ができたとしても、今の仕事が苦にならないのであれば続けるべきと考えます。

今の日本経済は不安定な状況です。しばらく同じ状況が続くでしょうから、時短など工夫してなるべく仕事を続けて貯蓄に回すことをお勧めします。

 

仕事を続けながら子育ては大変ですが、金銭的に少し余裕をもって生活をすることで気持ちにゆとりができます。

これは大事なことで、お互い(夫婦)の接し方、子供への接し方が変わってきます。

 

一番大事なのは、二人で仕事をする以上、家事、子育てと二人で分担することが大切です(後述します)。


子供

結婚したら子供は欲しいですか?まず自分に聞いてください。絶対欲しい、すぐ欲しい、今は仕事したいがいずれ欲しい、相手が望むなら欲しい、子供はいらない

人によって考え方は違います。相手は結婚したら子供を作るものだと考えているかもしれません。

おそらく、ご両親も結婚したら子供を作るものと考えて早く孫の顔を見たいと思っているでしょう。

 

でもまだ仕事が楽しいから子供はまだ入らないと言ってしまうと、揉め事になってしまうケースもあります。

 

まずは自分の考えをしっかりと相手に伝え、2人で話し合って子供を作る時期、何人欲しいなど、を決めてください。

 

良くあるのが、結婚はしたが相手が子供は望まないケース、あるいは子供は望まないのに子供を授かってしまったケースなど二人で意思を確認しないがために、

その後離婚してしまったケースは多々あります。

 

子供を授かったら二人の生活は一変します。

子供中心の生活になり、二人で子供を育てていく覚悟が必要です。

間違ってはいけないのが、女性は子育てを、男性は仕事というのはかなり古い話で、子育ては二人で行うものです。

仕事に疲れたから子供は相手に任せてしまう、相手が専業主婦(主夫)だから子育てをするものと考えているのであれば、子供は作らない方が良いでしょう。

 

子供は二人で育て、子供と一緒に思いっきり遊び、子供と一緒に成長することが大事なのです。

 

子供を育てることは大変です。成人になるまで20年育てあげなければなりません。

しかし、私も3人育てましたが、大変なことが多かった分、楽しかったこと嬉しかったこと悲しかったこと沢山の感動を味わうことができました。

 

もし子供がいなかったら、また違った人生を歩んでいたでしょう。

 

まずは二人でよ―く時間をかけて話し合ってください。



住まい

将来一軒家を欲しいですか?マンションが欲しいですか?実家に住みますか?

家を買うためには、当然お金が必要です。

安い買い物ではないですから、十分に検討しなければなりません。

 

ギリギリの状態でローンを組んで家を買ってしまうと、突然の出費や収入減の場合ローンが払えなくなり、場合によっては家を手放すことになります。

手放すだけでなく借金だけが残ってしまい、最悪離婚なんてこともあり得ます。

 

家は結婚生活にとって夢ですが、現実的に購入できるかを十分検討したうえで購入しましょう。

家を買ったら旅行もいけない、小遣いもない、ケチケチした生活を送らなければならいないような生活設計ではいずれ破綻します。

 

家を買えなくても幸せな家庭はいっぱいあります。

家を買うだけが幸せな生活ではありません。家族で楽しく暮らすために必要なものに順位をつけて生活設計を立てることが重要です。

 

将来的に、転勤、親の介護、実家の相続、家族の病気などなど様々な転機がありますので、その都度住まいは変わってくる可能性もあります。

家を買う状態になったら、なるべく短いローンを組んで、早めに身軽になって動ける状態を作っておきましょう。



家事

 

結婚する前は親と同居であれば、親が家事をしてくれて不便はなかったでしょう。

しかし、結婚後は二人で家事をしなければなりません。家事が苦手でもやらなければゴミの家となります。

 

家事の分担は、二人とも仕事を続けるか、専業主婦(主夫)となるか、子供を授かったか、両親と同居するかなど、家庭環境で大きく分担が変わってきますので、

そこは、十分に話し合ってください。相手がやってくれるだろうと思ってたがやってくれなかったり、そのことで喧嘩になることも多いでしょう。

 

事前にしっかりと決めておけば揉めることはありませんが、出来ないときはホッタラカシにしないで、相手にお願いしたり後ですることをしっかりと伝えましょう。

小さなことはお互い勝手な思い込みから喧嘩になることが多いのです。

すべてしっかりとコミュニケーションを取らないことが揉め事のきっかけでもあります。

 

結婚後の家事は慣れないこともありストレスとなりやすいのです。

お互いストレスをためないためにも、二人揃って休みの時は一緒に家事をこなすことも良いのではないでしょうか。

 

お金に余裕があれば、たまには家事代行を頼んでも良いと思います。

食事も外食やレトルト、冷凍食品など手抜きすることもありでしょう。

家事は大変ですので、無理をせずストレスを貯めずに見栄を張らずにこなすことが大事です。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結婚当初は、上記なようなことで揉めることが多いのです。

このようなことを事前に決めておくと夫婦間の揉め事が減ります。

これが全てではないですが、お二人の生活にとっての基本となることです、面倒だと思わずじっくりと話し合ってください。

Posted by getnet